採択とは?【助成金・補助金・給付金用語解説】

用語集

採択とは?

採択のもともとの意味は「いくつかあるものの中から選んで取り上げること」です。一般的に補助金は、条件を満たした状態で申請した全員が、交付を受けることができるわけではありません。補助金の交付を受けるべき事業かどうかを事務局などが審査した上で、交付を受ける事業を「採択」します。一般に、申請のあった全事業者に採択か不採択の結果が通知されます。

なお、採択を受けたからといって、補助金額が約束されるわけではありません。事業の実施後、確定検査などにより補助金額の減額などが行われることもあります。

コメント

  1. […] 確定検査とは、補助金や助成金において採択された事業完了後、受給者の実績報告に基づき、採択された内容通りに実施されたかどうか、経費が適切に使用されたのかを確認するためのの検査のことです。このような補助金や助成金の多くが、事業完了した後、確定検査をうけた後に「補助金額が確定」し、支払われる形となります。 […]

  2. […] 事業再構築補助金の第1回公募においては、採択率は41.6%(書類不備を除いた申請件数19239件、うち採択件数8016件)となりました。不備がなく申請をしたうち、4割強が採択された形となります。 […]

  3. […] 通常枠の条件に加え、2020年4月以降のいずれかの月の売上高が前年比、または前々年比で30%以上減少しているかつ、従業員の一定割合を最低賃金付近で雇用している事業者に対して、「補助率が4分の3に引き上げ」「採択率の優遇」がされる最低賃金枠が創設されました。なお、20年10月〜21年6月の間で3ヶ月以上を最低賃金から+30円以内で雇用している従業員が全ての従業員のうちの10%以上である事業者が対象となり、その従業員規模に応じて補助上限は最大1500万円となっています。何より注目店は「加点措置を行い採択率が優遇される」という点です。事業再構築補助金の交付を検討している場合、一度目を通すといいでしょう。 […]

  4. […] 補助金の補助対象になるには、条件を満たしていればいいわけではなく、申請をして採択されなければなりません。しかし、この採択さえ受けてしまえば、その補助金を担保に政策金融公庫といった公的機関から融資を受けることができる可能性が有ります。 […]

タイトルとURLをコピーしました