認定支援機関とは?わかりやすく解説!

用語集

認定支援機関とは?

認定支援機関とは、「中小企業経営力強化支援法に基づき認定された経営革新等支援機関」の通称であり、中小企業が経営などの相談先として、専門知識や実務経験が一定レベル以上にあると国に認められた機関のことです。財務状況といった経営相談や、事業計画の策定、新規取引先の販路拡大や、専門知識なども相談することが可能です。

以下のような機関が認定支援機関となっていることが多いです。

  • 税理士
  • 税理士法人
  • 公認会計士
  • 中小企業診断士
  • 商工会・商工会議所
  • 金融機関など

外部リンク:中小企業庁「認定経営革新等支援機関」

認定支援機関は補助金の利用にも有利

いくつかの補助金の申請において、認定支援機関が事業計画の実効性を確認することで、申請が可能となるものがあります。

  • 中小企業・小規模事業者 ものづくり・商業・サービス革新事業
  • 創業促進補助金

などがあります。

タイトルとURLをコピーしました